横浜市で理想の部屋決め

賃貸物件に住むには、当然毎月家賃を支払います。

しかし、賃貸の部屋を借りるのに必要な費用は家賃だけではありません。

最初に契約する時には、一般的な目安で借りる物件の家賃の6か月分くらいのまとまったお金が必要になります。

これを初期費用と言い、敷金・礼金、仲介手数料、翌月分の家賃などが含まれます。

また、正式契約までに、玄関のかぎを交換する費用や借家人賠償特約付きの火災保険の保険料を一括で支払うなどの出費があるのが一般的です。

初期費用のうち、敷金というのは金銭的な担保として最初に大家さんに預けておくお金です。

万が一家賃の滞納があったら、預けてある敷金から充当する仕組みです。

またその物件を解約して退去する際、通常の経年劣化以上の汚損や破壊があれば借り手は自己負担で修繕して原状回復しなければなりませんが、その修繕費用もこの敷金から支払います。

ですから、家賃の滞納もなく自分負担の修繕箇所もなければ敷金は退去時には返金されるお金です。

地域によっては、敷金のうち何割かは退去時に戻らないことがあらかじめ決められていることもあり、この仕組みは敷引きと呼ばれます。

一方礼金は、部屋を貸してもらうお礼の意味合いがあります。

お礼ですから、敷金と違って礼金は退去時に戻ってきません。